偶然にもバーベキューの神髄を完全に理解した話

目次

1.偶然にもBBQの神髄を完全に理解した経緯

2.結論:「野菜の素材と変化の付け方」

3.はじめて神髄を理解しました

1.偶然にもBBQの神髄を完全に理解した経緯

こんにちは

私はまったくのバーベキュー素人なのですが、先日偶然にもBBQの神髄を理解してしまったのでここに報告します

反論があれば耳を貸さないこともないですが、かなり確信を得ているのでおそらく耳を貸すことはありません

まずはじめに、私がBBQの神髄を理解できたことと、私がBBQの素人だということはまったく矛盾ないということをお伝えしておきます

なにかしらの真実なり真理なりを理解するのに経験や努力がまったく必要でないことは多々あります

私はラーメン二郎の味を自宅で再現しようと何十回も実験を繰り返し何十時間もその実験に費やしていますが、まったくラーメンに興味のないラーメン二郎店主の息子が鼻をほじりながら父親にレシピを聞いたら一瞬で私の知見を超えて二郎の真実に近づくことでしょう

私は偶然にも最高のBBQを体験できたことでBBQの神髄を理解することができました

「上郷森の家」に宿泊予約を取って夕食にBBQコースを選んで下さい

それだけであなたは至高のBBQを経験することができます

今すぐ予約です!GoGo!横浜にあるよ!

2.結論:「野菜の素材と変化の付け方」

BBQの神髄、つまり最高に美味しくBBQをいただく結論は上記の通りです

道具、焼き方、まったく関係ありません

ではこの結論に至った過程をみていきまっしょい

「上郷森の家」の夕食のBBQが最高だったという話に戻るのですが、その内容は特に変わった道具を使うわけでもなく(一般的なBBQ用コンロ、炭で焼く)、メニューも奇をてらった食材が用意されているわけではありませんでした

【メニュー内容】ニンジン、ピーマン、ナス、玉ねぎ、エリンギ、オクラ、豚バラ、豚ロース、骨付きソーセージ、ベーコン、タンドリーチキン、焼きそば

ただ素材が美味しすぎました、特に野菜!!!!!!

お肉も美味しかったですが、特筆すべきは野菜です

美味しいお肉を食べる機会はみなさんそれなりにあるかと思いますが、野菜は普段の料理ではわき役になりがちです

肉と肩を並べて野菜も一つの独立したメニューとなるBBQにおいては、野菜のおいしさでいかに感動を与えるかでBBQ全体の印象がぐっと変わります

野菜が美味しいことをテレビのグルメレポーターはよく「甘い」という言葉で表現しますが、野菜が本当に甘くて美味しいことを実感したことがある人がいったいどれだけいるでしょうか

私は今回のBBQではじめて野菜が甘いことを本当の意味で実感し、グルメレポーターの言葉もまったくのウソではないのだということを知りました

ちなみに素材が美味しければ焼き方はまったく関係ありません

先日はニンジンの焼き具合をかなりミスっていてバリバリのゴリゴリの状態で食べましたが、「甘くて美味しい」以外の何物でもありませんでした

先ほど「変化の付け方」などとかっこよく表現しましたが、要は途中で食べるタンドリーチキンが最高に美味しくて涙したという話です

BBQ最大の欠点は同じタレにつけて食べ続ける味の単調さにあるので、途中に挟むタンドリーチキン(カレー味)はもう単体で食べるときのそれとは一線を画した最高級ビッグプレーヤーに見事に変身していました

タンドリーチキンてどうやってつくるんですかね、知りたくて食べたいです

3.はじめて神髄を理解しました

はじめてものごとにおける神髄を理解したので私自身とても驚いています

幼いころに習っていたピアノや学生時代に打ち込んだテニス、今最もはまっているラーメンづくりなど、これまで人生において様々なものに打ち込み、努力してきましたが、神髄を理解したと感じたことは一度もありませんでした

偶然BBQの神髄が理解できてとてもよかったです。おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA