ファストフード

ファストフード→悪

外食→悪

自炊→良

手作り→良

コンビニ→悪

マック→悪

家庭の味→良

愛情料理→良

「自宅で手間暇かけた料理」といえばそれだけで健康に良さそうなものである。外食は美味しいけど体に悪い。自炊は少し面倒だけど体に良い。なんとなくそんなイメージをもっていた。だけどもちろんなんだって家でつくるものが体に良いというわけはない。ラーメンを自宅でつくる。それはとても体に悪く、できることならやめておいた方が良いですよ、と他人事ながらアドバイスをしたくなる。

自宅でラーメン作りを定期的に行うようになってからというもの、私の健康指数は急激に下り坂を転げ落ちている。ぶくぶくお腹周りに肉がついてきているし、先日の健康診断では尿酸値がE判定、脂質代謝もとっても悪い。

普通のスーパーには置いていない豚のガラやゲンコツを仕入れてきては、何時間もかけてスープを炊く。鋳物の製麺機を力いっぱい回して麺を鍛える。外で食べればラーメン3杯くらい食べられそうなコストと時間と労力をかけて一杯のラーメンを完成させて食べる。出来上がったラーメンの味には納得がいかない。想像していたお店の味にはどうしてもたどり着けない。ネットで様々なレシピを漁り試行錯誤を繰り返す。それでもやはり求めていた味にはたどり着けない。そんなことを繰り返しているうちに気づくと自分の体が脂と塩分に侵されている。

今日も自宅でラーメンをつくった。スープを作る際、醤油を煮詰めた「カエシ」を入れすぎたかと思ったが、意外と味が薄く物足りなかった。次回はもっとカエシの分量を増やさないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA